プロジェクト

TOP > プロジェクト

プロジェクトについて科学技術振興機構(JST)の「共創の場形成支援プログラム※」地域共創分野(育成型)に採択された事業です。

(※)共創の場形成支援プログラムとは、国立研究開発法人科学技術振興機構が支援する産学連携プログラムです。大学等が中心となって 未来のあるべき社会像(拠点のビジョン)の策定を行い、その実現に向けた研究開発の推進、プロジェクト終了後も、持続的に成果を創出することを目的に自立した産学官共創拠点の形成を目指します。
<採択事業の概要>
「デジタル治療薬」開発を突破口に産学官共創システムを実現し、失敗を恐れない挑戦者を受け入れる大皿、SAWACHIパークを室戸市に展開します。これにより、10年後の室戸市に、生き残った50社のベンチャー企業が地域大学から輩出される若者を活躍させ、デジタル治療薬を実現するユニコーン企業を核に、平均年収が大都市圏並みになる SAWACHIパークが実現します。この実現に向け、1) 地域レジリエントなプライマリケア・エコシステムの構築、2) 新しいヘルスケア・低侵襲検診システムの実現、3) 流行の兆しを掴む感染症警戒システムの構築をターゲットとして産学官共創で研究開発し、結集するスタートアップ企業の3割をベンチャーキャピタル投資に繋げます。令和3年度新規採択プロジェクトの詳細はこちらから(JST 共創の場形成支援プログラムHP)
採択事業の概要

参画機関本プロジェクトは、代表機関の高知大学をはじめ、
高知県や室戸市の行政、様々な学術機関や企業が参画し取り組んでいます。

代表機関:高知大学
幹事機関:室戸市、高知県、高知県立大学、Psychic VR Lab
大学等:高知工科大学、東京工業大学、大阪大学、岡山大学、高知工業高等専門学校、宮崎大学
企業等:株式会社パシフィックメディカル、株式会社シーメック、株式会社BiPSEE、
ファイテン株式会社、株式会社アルファドライブ高知、モリリン株式会社、
一般社団法人高知医療介護連携システム、株式会社糖鎖工学研究所
参画機関

PAGE TOP